INTERVIEW インタビュー

「隔たりのない」オフィスで交流の垣根も低く。若手社員が語る役員との関係性 そんな会社にも存在する「役員」というポジション。若手社員からすると近寄りがたく感じがちな存在ですが、日本電算企画では、とても身近な存在なんです。入社3年目の若手社員と、そのななめ向かいの席に座る常務取締役(インタビュー当時。現代表取締役社長)のおふたりに話を聞きました。

今回対談する人

  • 横江さん

    代表取締役社長(インタビュー当時は常務取締役)

    心の癒しは毎週末の田舎農業。

  • 鎌田さん

    2016年入社

    SE。文系出身。自慢の胆力は学生時代にサッカー部で鍛えたもの。

普段どのような関わりがあるのか教えてください。

横江さん: お互い斜め向かいの席に座っています。うちの会社ではフリーアドレス制を採用しているのでどこに座ってもよくて、今は4人席に、私、4年目の社員、鎌田くん、1年目の新人さんが座っています。鎌田くんはその新人さんのOJTトレーナーをしているんですが、相手が外国籍の子なので、文化や言葉の違いに最近苦労してるよね。

鎌田さん: 席が近いので、新人さんとの会話の内容は、ほぼすべて横江さんに聞かれていますね(笑)。以前のオフィスでは、役員とSEの部屋が分かれていたので、ほとんど関わりがありませんでしたが、今のオフィスでは役員の方もフリーアドレス制になったので、横江さんに限らず、ほかの役員の方や社長とのコミュニケーションも増えました。みなさん、ふらっと席に来て話しかけてくれるんです。

お互いの印象を教えてください。

鎌田さん: いわゆる「役員」という言葉のイメージとは違います。話しかけづらい、固い、といった印象はまったくなく、とてもフランクですね。呼ぶときも「横江さん」。役員の方みなさんそうですが、「〇〇部長」のように、役職名をつけて呼ぶことはありません。あと、酔うと横江さんはカラオケに行きたがります(笑)。本人はあまり歌わないんですけど、みんなが歌ってるのを嬉しそうに聞いていますね。

横江さん: そうそう、聞くのが好きなの。鎌田くんは、入社したてのころ、1泊2日の出張にすごく大きなキャリーバックを持ってきたのが印象に残ってますね。世間慣れしてないんだなあ、と心和んだのをよく覚えています。でも、仕事の点では、当時からすごくしっかりしていました。期限を守るのはもちろん、いつもこちらが望んだ以上のものを出してくれます。あと、今彼が担当しているのは裏方的な仕事が多いのですが、一切手を抜かず、新人さんの指導までしてくれる、貴重な人材です。

役員が若手に期待していることはなんですか?

横江さん: 僕がみんなにお願いしているのは、自分で考えて、自分で行動がとれる人であってほしい、ということ。受け身の姿勢ではなく、主体的に動いてもらえるとすごく助かります。
あとは、自信の有無に関わらず、堂々と発言できる人であってほしい。やりたいと思っていることもそうですし、分からないことでもそうですが、声に出すと応援してもらえたり、解決策を教えてもらえたりしますよね。そのほうが、本人にとっては、ほしい結果により早く辿り着けますし、私たち若手を導いていく立場の人間からすると「困っていたらすぐに助けてあげられる」という安心感があるんです。

鎌田さん: 僕が外国籍の社員のOJTトレーナをしていることもあって、文化や言葉の違いで戸惑っている様子のときには、横江さんも会話に入ってきてくれて3人で話すことがあります。横江さんは経験豊富で、海外にもよく行っているので、いつもタメになるようなアドバイスをくださるんです。

これから、日本電算企画で取り組んでいきたいことを教えてください。

鎌田さん: 働き方改革が始まってから、うちの会社では「5年で3つの資格を取りましょう」という計画ができて、それに伴って資格を取るときの環境が整備されました。資格取得のための交通費がもらえたり、テストの日が休日出勤になったりするんです。そうしてもらったからには頑張って取らなきゃ、と思っています。今はふたつの資格を取得していますが、今後、もっとたくさんの資格を取っていきたいですね。

横江さん: 先ほどお話した通り、意見や質問を堂々と発言してもらえるような、よりオープンでフラットな職場環境にしていきたいと思っています。そのために、今のオフィスは「見える」「聞こえる」「話せる」をコンセプトに作り上げました。壁をなくしたことで誰がどこにいるかが「見える」、話している内容が「聞こえる」、フリーアドレス制でほかのチームのメンバーとも「話せる」。100人規模の小さな会社なので、ひとりひとりと丁寧な関係性を築いていきたいな、と思っています。

ENTRYエントリー

選考ステップの詳細などはリクナビで随時ご案内します。