INTERVIEW インタビュー

若手2人が語る会社の魅力は「適度な距離感」 中央官庁の仕事を多く手がけるシステム開発会社……、というと少し取っつきづらいイメージがあるかもしれません。そこで今回は、学生の目線に近い、2018年入社の若手2人に、日本電算企画の仕事内容や人の雰囲気などを聞いてみました。

今回対談する人

  • 吉本さん

    2018年入社

    SE。文系出身。趣味は読書。なおWebではなく紙媒体が好き。

  • 小松さん

    2018年入社

    SE。文系出身。趣味はサイクリング。

おふたりの業務内容を教えてください。

小松さん: SEの仕事内容を大きく分けると、「こんなシステムを作ります」というのを文章化する工程、それに従ってプログラミングをする工程、できたシステムを実際に動かしてテストする工程、そして、お客様に使い方の説明をして動作検証して頂く工程の4つがあります。そして、うちの会社では、そのすべてにSEが関われるようになっています。プログラミングだけじゃなくて、資料づくりのような仕事も意外と多いですね。最後の工程は経験の長い方が担当されることが多いのですが、僕が1年目に携わったプロジェクトでは、そのための資料作成を担当させてもらいました。

吉本さん: SEとひと口に言っても、そのなかには営業のような仕事も、コンサルのような仕事も含まれます。僕の場合、資料を作る機会はほとんどなくて、プログラミングと、それを実際に動かしてみてバグやエラーがでないかをテストする作業が多いです。小松くんとは所属するプロジェクトが違うので、そのチームの意向や扱う仕事の内容によって、担当する作業も少しずつ変わっているんだと思います。

日本電算企画はどんな雰囲気の会社ですか?

吉本さん: 優しくて親しみやすい人ばかりなんですが、適度に距離があって居心地が良いです。人付き合いを重視し過ぎるところがなくて、飲みに行くときは行きたい人だけで行ったり、自分の仕事が終わったら早く帰ったり、みなさん、仕事とプライベートの線引きがきっちりできている印象です。オンとオフのメリハリをつけて働きたい方にはぴったりな会社だと思います。

小松さん: フレックスタイム制なので、ちゃんとやっていれば仕事を早く終えることもできるし、自己管理ができる人にとってはすごくいい環境だよね。ただ、自分で自分の働き方を決められる分、管理してもらえないと働けない人にとっては逆にしんどいかもしれません。
人の雰囲気は、吉本くんの言う通り、ぐいぐい来るタイプはほとんどいません。でも、困ったときには丁寧に教えてくれるし、基本的にみんな親切ですね。その分、真面目な方も多いので、適当な仕事をすれば、すぐに見破られてしまいます。

入社してから一番苦労したことは?

吉本さん: やっぱり、プログラミングができるようになるのに苦労しました。研修期間も勉強はしたのですが、配属直後に出された練習課題を解くのに1ヶ月もかかってしまいました。先輩に言わせれば数日でできるものだったらしく、悔しかったですね。でも実はこの間、同じようなプログラムを作ったら、半分以下の時間できるようになっていたんです。歳の近い先輩が根気強く教えてくれたおかげだと思います。

小松さん: 最初のころは「分からないことが分からない」状態に苦労しました。僕は普段、分からないことは調べてから尋ねるようにしているんですが、調べるにも調べられなくて、先輩に頼ってばかりで悔しかったですね。今はだいぶできることが増えましたが、まだまだひとりでできないことが多いので、さらに力をつけるために資格を取りたいと思っています。

これからやりたいことは何ですか?

吉本さん: まず、今はひとつの開発言語しか扱えないので、3年以内には更にもうひとつ開発言語を覚えたいと思っています。資格についても「基本情報処理技術者」の取得から始めて、「応用情報処理技術者」まで取得したいですね。あと、SEとひと口に言っても、そのなかには営業のような仕事も、コンサルのような仕事もあるので、そういう自分の幅が広がるような仕事があればチャレンジしたいと思っています。

小松さん: 先ほど「苦労したこと」でも話した通り、今はまず、自分ができることを増やしたいと思っています。なので、僕も吉本くんと同じように、資格を取りたいと思っています。たくさんのことを学んで、それを実践に移していきたいですね。今は周りの方に助けてもらってばかりですが、力をつけて、いずれは周りの方を助けられるような存在になっていきたいと思っています。

ENTRYエントリー

選考ステップの詳細などはリクナビで随時ご案内します。