INTERVIEW インタビュー

「もう“新人さん”じゃないんだな」人事担当者が見た、ひとりの就活生が会社のホープに変わるまで 就活生が最初に出会う社員、それが人事担当者。今回は、そんな人事担当者と、今年3年目になる若手社員にお話を伺います。採用のとき、どんなところを見ているのか? 入社後の若手をどんな気持ちで見守っているのか? などを聞いてみました。

今回対談する人

  • 大宮さん

    2017年入社

    SE。文系出身。行ったことのない場所を旅するのが好き。

  • 塩見さん

    人事・採用担当

    文系出身。学生時代はバスケとセーリングをしていたアクティブ派。

お互いの第一印象を教えてください。

塩見さん: 初めて会ったのは会社説明会のときでした。大宮くんは、緊張していたのか、ものすごくガチガチに固まっていたのが印象的でした。きっと真面目な方なんだろうな、と思いました。でも、入社後の新人研修で外部施設に行って、2ヶ月後に会社に戻ってきたとき、見違えるように変わっていたんです。言動も所作もすっかり落ち着いていて、彼がもともと持っていた良さにさらに磨きがかかっていて、嬉しい驚きがあったことを覚えています。

大宮さん: 就活中は、「こうしなきゃいけない」という型に縛られてガチガチになっていたんです。でも、研修期間にいろんな新社会人と接する中で、決まった型なんてないことに気づき、もっと肩の力を抜いてもいいのかも、と思えるようになりました。正直、塩見さんの第一印象は、緊張していてあまり覚えていないのですが(笑)、入社したとき、見慣れない人ばかりのなかに塩見さんの顔を見つけて、すごくホッとしたのを覚えています。

日本電算企画に入社を決めた理由と、逆に採用を決めた理由はなんですか?

大宮さん: 決め手になったのは、クライアント先の6〜7割以上が国の機関であったところです。よりたくさんの人の役に立つ仕事をしたいと考えていたので、そこに魅力を感じました。また、大学時代にプログラミングの経験はありませんでしたが、うちの会社は、先ほどお話しした2ヶ月間の外部研修や、配属後のOJT制度など、教育制度がちゃんとしているので、未経験でも安心して学べる点に魅力を感じました。

塩見さん: 大宮さんは見るからに真面目そうで、まずそこがいいなと感じました。当社では、国の仕事をはじめ、セキュリティ性が高いシステムを取り扱っているので、信頼してお仕事をお任せできる人かどうかは重要な判断ポイントです。もうひとつは、学ぶ姿勢を持った方であるところ。SEの仕事は、資格の取得など、入社後も学習の機会がたくさんあるので、成長する意欲がある方に向いている職種だと思います。

大宮さんは、入社当時を振り返って成長を感じることはありますか?

大宮さん: 配属当初は、周りの人の助けなくしてシステムを作ることはできませんでした。その頃と比べると、最近はかなり独力で進められるようになったと思います。2年目に入って、OJTのトレーナーとして後輩に仕事を教える機会ができたことも、自分を成長させてくれたと思います。ちゃんと理解していないと人に教えられないので、教えながら自分の知識が増えていくのを感じました。

塩見さん: トレーニングが終わると、トレーナーと新人がペアになって成果発表会をするんですが、今年、トレーナーとして全社員の前で発表した大宮くんを見て、成長したなあとしみじみ感じました。子供って、弟や妹ができると急に大人びるじゃないですか。それと似た感じで、立ち振る舞いや話し方が新人の頃とはぜんぜん違うんです。「もう“新人の大宮くん”じゃないんだな」と感じたできごとでした。

就活生へのメッセージをお願いします。

塩見さん: 私からは、「受けたい会社があったら、まずは実際に足を運んで現場の空気を体験してみてほしい」とお伝えしたいですね。うちの会社でも、会社説明会などで就活生のみなさんと若手社員が話す機会を作っています。そういうのを体験してみないと、会社や一緒に働く人の雰囲気って分からないんじゃないかな、と思います。

大宮さん: 「SE」と聞くと、なんだか難しそう……、と身構えてしまうかもしれませんが、うちの会社は教育制度が充実しているので、知識や経験がなくても大丈夫です。2ヶ月の社外研修のほか、4ヶ月のOJTトレーニング、そのあとは社外講習やeラーニング、資格取得の補助制度など、成長の機会がたくさんあります。まずは気にせず、どんどん受けてみてほしいですね。

ENTRYエントリー

選考ステップの詳細などはリクナビで随時ご案内します。