TOP > よくあるご質問 > 電子公告調査内容について

よくあるご質問/電子公告調査内容について

Q 電子公告調査機関による調査とは具体的にどのような内容なのでしょうか?
A 電子公告調査機関による調査の内容には大きく分けて2つあります。
ひとつは登記アドレスから公告アドレスまでリンクが途切れておらず、且つパスワード等を入力しなくても無料で誰もが閲覧できるかを調査するものです。
もうひとつは、公告掲載期間中、公告を閲覧できる状態が継続しているか、また公告が改ざんされていないかどうかを調査するもので、原則として当社のシステムが自動的に1時間に一度の頻度で行います。(法的には6時間に一度以上行えば足りることとなっていますが、当社では頻度を上げて調査を行っています。)
尚、公告情報の取得に支障が出ないよう、3つの異なるプロバイダ及び、各々独立した回線を使用しており、一つのプロバイダ(回線)で受信できなかった場合には回線を自動的に切り替えて公告情報を取得します。さらに万一、システム上「改ざんされている」などのエラーが表示された場合は、手動で操作を行い、確認することも行っています。
区切り線
Q 公告の中断とはどのようなものですか?
A 電子公告は、公告すべき内容である情報を所定の公告期間アドレスを登記したインターネットのホームページ、すなわち公告ホームページに掲載するものです。
従って、サーバーのダウンなどによって公告期間中に公告すべき内容である情報が公告ホームページに掲載されなかった期間が生じたり、ハッカーによる公告内容の改ざんなどによって公告すべき内容とは異なる内容の情報が公告ホームページに掲載されてしまった期間が生じることを「公告の中断」といいます。
区切り線
Q サーバーのダウン等による公告が中断した場合、公告の効力に影響が生じますか?
A 追加公告を行うなどの一定の要件を満たせば、効力に影響は生じません。
詳しくは「FAQ 追加公告について」のページをご覧下さい。
区切り線
Q もし、公告の中断が生じてしまった場合、電子公告調査機関から連絡をもらえるのですか?
A

現在当社では、(システムメンテナンスなどの場合を除き)原則として1時間に一度の頻度で電子公告を監視しており、もし、公告の中断(電子公告を継続して閲覧できない状態など)が生じた場合は、営業時間内外を問わず、必ずFAXにてご連絡いたします。

次に、営業時間外でも必ずお電話でご連絡を差し上げます。但し、深夜に中断が発生した場合には、翌朝にご連絡を差し上げます。
尚、システムで調査を開始してから人が調査を終了するまでの間にサーバダウンが解消された場合、弊社サイドとしましては中断と断定できないため、ご連絡いたしません。

区切り線
Q 電子公告の調査が開始されたことや、電子公告の調査が確実に行われていることなどはどのようにして知ることが出来ますか?
A 当社では、調査の節目ごとに、下記について電子メールを差し上げております。
電子公告調査開始時 「調査開始の通知」
電子公告調査中 「電子公告調査経過報告」
      ※公告期間の半ばに、公告に中断がない場合でもお送りします。
電子公告調査終了時 「電子公告調査終了のお知らせ」

尚、電子公告期間中、電子公告が掲載されている会社・法人の情報を、法務省電子公告システム(「電子公告リンク集サイト」http://e-koukoku.moj.go.jp/)よりご覧いただくことができます。

よくあるご質問