UiPathで日付同士の大小(前後)を比較・判定する方法[DateTime]

UiPath-日付-大小-前後比較-アイキャッチ

はじめに

こんにちは!

早速ですが、UiPathを使用して開発を行う中で、例えば今日のToDoリストを連絡してくれるプログラムや、期限超過を自動で通知するプログラムを作る時など、日付同士の前後(大小)を判定したい!という時はありませんか?

こちらのブログでは、UiPathのDateTime.Compareメソッドを使用して、2つの異なる日付について、前後関係を比較し、判定する方法をご紹介します。

実際にやってみましょう!

今回は、実際のUiPathで、日付1が日付2よりも後の日付であることを判定するプログラムを作成します。

①まず、準備段階として、DateTime型の変数に日付を代入します。
日付に対する操作を行うので、DateTime型の変数が前提として必要になります。

DateTime


DateTimeは、日付や時刻に関わるデータを格納する型です。

今日の日付、現在日時を取得する場合は、右辺にDateTime.Nowを設定することで対応できます。

②そして、アクティビティの一つである、「条件分岐」を設置します。

UiPath-日付-比較-条件分岐


その条件としては、
DateTime.Compare(日付1,日付2)>0
を設定します。

UiPath-日付-比較-式

今回は日付1が日付2よりも後である場合は処理を行う想定であったため、不等号が左開きである>0と記入しました。
これは、DateTime.Compareメソッドの戻り値はInt32型の整数であり、日付1が日付2よりも後である場合は、戻り値は「0より大きい値」となるからです。

DateTime.Compareメソッドに関しては、後ほど出てくる見出し「DateTime.Compareメソッドとは?」で詳しく説明していますので、是非ご確認ください。

「DateTime.Compareメソッドとは?」

③そして、Then,Else以降に、それぞれの処理を記入します。
今回は、Then以降に実施処理を記入しました。


日付1は「2021年1月4日」、日付2は「2020年12月27日」なので、
日付1の方が後となり、今回はTrueという結果になります。


コンソールに、「結果がTrueになりました。日付は01/04/2021 00:00:00です。」という1行書き込みの内容が出力されました!

UiPath-日付-比較-結果

DateTime.Compareメソッドとは?

DateTime.Compareメソッド

DateTimeの2つのインスタンスを比較し、第1のインスタンスが第2のインスタンスよりも前か、同じか、それとも後かを示す整数を返します。

引用元:https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.datetime.compare?view=net-5.0

※ここでいうインスタンスとは変数のことを指しています。


DateTime.Compareメソッドとは、上記の引用の通り、DateTime型の2つのインスタンスを比較し、第1のインスタンスが第2のインスタンスよりも前であるか、同じであるか、後であるかを示す整数を返すメソッドです。

DateTime.Compareメソッドが返却してくれる戻り値は、「0より小さい値」、「0」、「0より大きい値」です。

日付1が日付2よりも前の(小さい)日付である場合は、戻り値は「0より小さい値」になります。
日付1と日付2が同じである場合は「0」
日付1が日付2よりも後の(大きい)日付である場合は「0より大きい値」になります。

注意事項

DateTime.Compareメソッドは日付同士を比較した結果を返すメソッドです。
そのため、比較した日付同士の日数の差分を返すわけではありません。

例えば、「2021年1月4日」と「2021年1月1日」を比較した場合に、「4日」-「1日」=「3」という数字が返ってくるわけではなく、減算結果を取得することまではできません。


日付の減算方法については、今後このブログでご紹介していければと思っております!

このメソッドを活用することで、日付の前後、大小を比較し判定することができます。

まとめ

このように、日付の大小の比較はDateTime.Compareメソッドで対応することができます。

他にも日付を扱う方法は様々なものがありますので、今後どんどんご紹介していきたいと思います。

今回の紹介は以上です!

皆さんのプログラムに活用していただければ幸いです。

NDKのRPA・AI-OCRサービス

NDKでは、UiPathを使用したRPAサービスや、自動文字認識を行うAI-OCRサービスを提供しております。

RPA・AI-OCRを利用すれば、単純作業などの面倒な仕事をロボットにお任せすることができます。



こちらのボタンより開くことができる活用事例ページでは、RPAやAI-OCRを実際に導入するとどのようなことができるかがわかりますので、是非クリックしてみてください!


お問合せフォームはこちらです。お気軽にご相談ください。

RPA・AI-OCRサービスのお問い合わせ

RPA・AI-OCRサービスに関する、導入のご相談、資料請求、お見積もりなど、
小さなことからお気軽にお問い合わせください!


「UiPathで日付同士の大小(前後)を比較・判定する方法[DateTime]」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です