ANTI-SOCIETY反社会的勢力排除に関する宣言、
基本方針について

反社会的勢力排除宣言

日本電算企画株式会社は、政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」の趣旨に則り、取引先等が暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求をする者など(以下、「反社会的勢力」)であることが判明した際には、適切な対応が行えるよう、契約条項に「契約解除」や「取引拒否」に関する事項を盛り込んでおります。
ここに以下の基本方針を基に、日本電算企画株式会社は反社会的勢力との一切の関係を遮断することを宣言します。

日本電算企画株式会社
代表取締役社長 熱海 八男

反社会的勢力排除に関する
基本方針

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との取引を含めた一切の関係を遮断するため、以下の通り基本方針を定め、これを遵守いたします。

1. 会社(組織)としての対応

反社会的勢力に対し、代表者以下組織全体として毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断します。

2. 警察等外部専門機関との連携

反社会的勢力による不当要求に備え、平素から警察、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携を構築していきます。

3. 取引等、一切の関係の遮断

反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係をもちません。 また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

4. 不当要求に対する民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求に対して、民事、刑事の両面からあらゆる法的対抗手段を講じて対応します。

5. 不適切取引及び資金提供の禁止

反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事または役職員の不祥事を理由とする場合においても、事案を隠ぺいするための裏取引や資金提供は絶対に行いません。